iMac Late 2009/Mid 2010 SSD 温度センサジャンパー

iMac Late 2009/Mid 2010 SSD 温度センサジャンパー
iMac 21.5"/27" Late 200/Mid 2010 の内臓HDDをSSDに交換する場合、ファンの暴走を防ぐための温度センサジャンパーです。純正互換パーツ。
iMac Late 2009/Mid 2010 の純正HDDには、温度センサ端子が付いており、ロジックボードに接続されています。これにより、HDD温度によりファン回転速度をコントロールしています。
ハードドライブをアダプタを介してSSDに換装する場合、多くのSSDには温度センサ端子が付いていないため、ファンが高速回転してしまいます。
しかし、SSDはハードドライブに比べ低発熱のため、高速回転させる必要はありません。本ジャンパーを、ロジックボードのセンサ端子に装着することで、静かな低速一定回転(1,500rpm)に設定できます。
対応機種:iMac Late 2009/Mid 2010 21.5/27インチ
本品は、一般的な低発熱のSSDの使用を前提としています。高発熱の特殊なSSDの利用には向きません。外観は、若干異なる場合があります。
取り付けにiMacの分解が必要です。中上級の分解、取り付けのスキルが必要です。
商品価格(税抜き)¥2,980
 $20.69
コード1200-0810-7350
在庫: 9957
重量: 0.1
Mdel#: 922-9628D
状態:New